牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 週末の風邪

<<   作成日時 : 2006/01/30 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

我が家は3LDK。LDKに続く8畳の部屋、4畳半、6畳の間取りだ。開拓中の教会である私たちは、現在、この3LDKが教会兼自宅となっている。4畳半の部屋は、普段から牧師の仕事部屋(牧師室)、6畳は子ども部屋だ。LDと8畳は、礼拝や集会、教会学校のある時には、一続きの集会室となる。だが日曜日の礼拝となると全部屋が開放される。6畳の子ども部屋は、礼拝に来た子どもたちの過ごす母子室となる。牧師室も礼拝中は乳児室となって授乳やオムツ交換、乳児を寝かせたりするのに活躍する。牧師の家庭としては、全部屋を開放して、人々を迎えるのはこの上もない喜びだ。そんな中で何が一番困るかと言えば、週末に子どもが風邪をひくことだ。親は自己管理をしながら気をつけることができるが、子どもはそうはいかない。先日の土曜の夜は、生後5ヶ月の娘が熱を出した。
鼻水で息苦しいらしく、夜中に何度も泣いて私と妻が目を覚ます。その度に妻が鼻水を器具で吸い取ってあやして寝かせる。こちらは「明日の朝になっても熱が下がらなかったら困るな」、「明日の礼拝中はどこに寝かそうか」、「ほかにも小さな子どもたちがやってくる、風邪をうつしでもしてしまったら申し訳ないな」など、いろいろな思いが頭を駆けめぐる。だがどうすることもできない。いや、一つできることがある。娘の頭に手をおいて祈ることだ。「神様、あなたは我が家とこの教会のすべてをご存知です。どうか娘の熱を下げて、回復させてください」。祈ってすべてを神様におまかせし、おゆだねする。すると私の心に入り込んでいた不安や恐れの火矢はみな消えた。聖書には「信仰の大盾をとりなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。」という言葉がある。ちょうど明日の礼拝で開かれる聖書のことばだった。翌朝、娘の熱は下がっていた。感謝!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
週末の風邪 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる