牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 幼児祝福式

<<   作成日時 : 2008/11/09 18:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

 「子どもたちを、わたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。まことに、あなたがたに告げます。子どものように神の国を受け入れる者でなければ、決してそこに、はいることはできません。」そしてイエスは子どもたちを抱き、彼らの上に手を置いて祝福された。マルコの福音書10章13-16節
 11月9日(日)の礼拝では、礼拝の中で幼児祝福式を行いました。教会に来ている子どもたち一人一人のために祝福を祈り、教会の皆さんもそれに心あわせて子どもたちの祝福を祈りました。
 この時期、世間では七五三で子どもの成長を祝ったり、記念撮影をしたりします。キリスト教では七五三に限らず、厄払いのような考えはありませんので、子どもの年齢、性別に関係なく、年に一度、子どもたちのために特別に祝福があるようにお祈りをしています。
 クリスチャンでない方からは、時々、「わたしは今年、厄年なのですが、お祈りしてもらえませんか」と言われることがあります。キリスト教には厄払いのような考えがないこと、しかし、いつも毎週の礼拝の中で皆さんの上に神様の祝福があるように願い、祈っていることを説明した上で、その方のために、祝福を祈ってさし上げることがあります。
でもわけも分からず、ただやみくもに祝福を求めるというのではなくて、神様がどんなお方か、どんなに私たち一人一人を愛しておられるか、神様のくださる祝福とは何か、そういったことを知ることは、ただ祝福を求めること以上に大事なことだと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
幼児祝福式 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる