牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 天に「見る目・聴く耳」 南原繁

<<   作成日時 : 2009/05/09 20:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

戦後初の東大総長を務めた南原繁はクリスチャンですが、その南原繁がまだ幼い頃、母親と交わした会話が、今朝の新聞に載っていました。
冬の早暁の道を母に背負われて、三里も四里も遠いところへ出かけた時のことだそうです。
母親の背で、南原繁が「お母さん!お月さんが一緒に歩いている」と叫んだ。
すると母は、「そうとも、お月さんも私たちを守っていてくれます。天には『見る目・聴く耳』というのがあって、私どものすること、言うことは、誰一人知るまいと思うても、ちゃんと知っていてくださる。」と答えた。
そんなやり取りをしたことを、大きくなってから聞かされた南原繁は、以来、超越的、絶対的な存在の前に、「いかなる場合においても常に正直と真実であらねばならぬことを、一生の教訓として私の生涯を支配するに至った」そうです。
「超越的、絶対的な存在」、つまり、天地万物を創られた神です。
南原繁のキリスト者としての生き方には、このような母親の影響もあったのだと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天に「見る目・聴く耳」 南原繁 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる