牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS サボテンの花 〜 カルバリの愛を知っていますか?

<<   作成日時 : 2009/05/16 18:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 教会にいらしているご婦人が、もうすぐ花が咲きそうということで、サボテンを持ってこられました。
 このサボテンの花は、咲いている期間があまり長くないそうで、教会で皆さんに見てもらえたらということでしたが、その花が今朝、咲いていました。支えている私の手からも大きさが分かると思いますがとても大きいです。大きくてビックリ。もう一つの方も、近いうちに咲きそうです。
画像

 ところで、「サボテンの花」といえば、「ほんの小さな出来事に愛は傷ついて〜」という歌いだしではじまる歌がありますね。歌いだしの歌詞がとても印象的で覚えています。
 確かに愛は、本の小さな出来事で傷つきやすいと思います。
 夫婦愛、親子愛、友愛、恋愛など、いろいろですが、ほんの小さな出来事で、愛は壊れなかったとしても、傷つきやすいという言葉には、誰もがうなずくのではないでしょうか。
 でもイエス・キリストの愛はどうでしょう。キリストの私たちに対する愛は、決して、決して、壊れることはありません。しかし傷つきやすいのでしょうか?

 エミー・カーマイケルという女性の英国人宣教師がおられました。この方はインドへ宣教に赴き、そこで大変すばらしい働きをされ、その地で生涯を終えられました。この方はたくさん本を書き残されましたが、邦訳もされている「カルバリの愛を知っていますか」(いのちのことば社)という本があります。その中で、とても心に残ることを書いておられます。イエス・キリストの心の想いを表した言葉です。
わたしを信頼しなさい。
そうして、ひと時ひと時、わたしの愛があなたを通して流れるままに委ねなさい。
もし何かがその流れをさえぎっていることに気づく時も、
落胆してわたしから離れたりして、わたしの愛を傷つけるようなことはしないでほしい。
そうすることほど愛を傷つけるものはほかにない。
むしろわたしにさらに近づきなさい。
わたしのところに逃れて来なさい。
自分自身からさえ逃れて、わたしのところに身を隠しなさい。
あなたの問題をわたしに語るがいい。
わたしの手をあなたの上にさし伸べよう。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サボテンの花 〜 カルバリの愛を知っていますか? 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる