牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンテコステ礼拝

<<   作成日時 : 2009/05/31 16:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今日は、ペンテコステ礼拝でした。
ペンテコステというのは、イエス・キリストが天に帰られた後、「聖霊」が降った日のことで、そこから教会が始まりましたので、教会の誕生した日とも言われています。

ペンテコステというのは、もともとユダヤ教で「五旬節」のことを指していました。
五旬節というのは、「過越の祭」から50日目にあたる「初麦の収穫感謝祭」のことです(ペンテコステは本来、「50」を意味する言葉です)。
そもそもユダヤ人が、エジプトの奴隷の状態から、モーセを通して神によって救い出されたのを記念するのが「過越の祭」です。その後、ユダヤ人は荒野を40年も旅してカナンの地に入り、そこに定住します。「初麦の収穫感謝祭」は、ユダヤ人にとって、流浪の民から定住民族となった象徴であり、カナン定住を感謝する祝祭の意味があります。

キリスト教では、このペンテコステが、「聖霊の降臨」、「教会の誕生」という新しい時代の到来を意味する日となり、これを祝うようになりました。

さて、このペンテコステの礼拝に、鳩のキャンドルたてを礼拝堂に飾り、火を灯しました。
聖書では、鳩や火が聖霊の象徴として出てきますので、この飾りはペンテコステ礼拝にふさわしいのではないかと思います。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペンテコステ礼拝 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる