牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「はやぶさ」と時の流れ

<<   作成日時 : 2010/08/21 14:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

60億キロメートルの宇宙の旅から帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。
この夏、家族で「府中郷土の森」にあるプラネタリウムを訪れると、「はやぶさ」の宇宙の旅が上映されていました。「はやぶさ」の推進能力は1秒間に30キロメートルも飛ぶことができるそうです。
15秒で東京から大阪まで進むことができます。その名に恥じない猛スピードですが、広大な宇宙空間ではその速度も超スローペースに感じられます。
そこに「人間の時の流れ」と「宇宙の時の流れ」の違いを感じました。
それと同時に、「人間の時の流れ」と「永遠を司る神の時の流れ」にも大きな隔たりがあるのが感じられました。
私たちの人生において、苦労や苦しみの時は、それがいつまで続くのかと長く感じられます。
しかし、やがて死を越えておとずれる「永遠」の前には、私たちの人生のどんな時も一瞬にすぎなかったことがわかるでしょう。
“今”を生きながら、ふっと立ち止まって、実は“神の時の流れ”の中に身を置いていることを思い出す。
そして、「永遠」の尺度で、周りの物事をみてみる。キリスト者なら人生に対してそのような鳥瞰のまなざしをもちたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「はやぶさ」と時の流れ 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる