牧師のブログ オアシス日記

アクセスカウンタ

zoom RSS K君のお母様からの電話

<<   作成日時 : 2009/04/23 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

イースターの前々日に、K君のお母様からお電話をいただきました。もう何十年もご無沙汰していましたので、びっくりしましたが、「婦人之友」に書いた私の証しを読んでくださり、お電話をくださったそうです。
K君との出逢いによって、今の私があることをはじめて知って驚いたと言っておられました。

K君が発病した当時、その頃、通っていた教会の牧師が、ヨハネの福音書9章のことばを開いてくださったそうです。
『イエスが道をとおっておられるとき、生れつきの盲人を見られた。弟子たちはイエスに尋ねて言った、「先生、この人が生れつき盲人なのは、だれが罪を犯したためですか。本人ですか、それともその両親ですか」。イエスは答えられた、「本人が罪を犯したのでもなく、また、その両親が犯したのでもない。ただ神のみわざが、彼の上に現れるためである。』新約聖書 ヨハネの福音書9章1-3節

お母様は当時、「神のみわざが、現わされる」と言っても、一体どのようにしてだろうと戸惑い、受け入れ難いように感じられたそうですが、私の証しを読んで、この聖書のことばを開いてくださった出来事を思い出されたそうです。

確かに、K君との出逢いがなければ、今の私はありませんでした。
そして、私は稲城に来ることもなかったでしょうし、ここでの人々との出逢いも、教会もありませんでした。

幼い頃に発病し、病と共に生きたK君。
しかし、彼が寝たきりだったそのベッドで、ただ、イエス様を信じ、いつも喜び、天国を臨み生きた姿は、彼の知らぬところで、他の人の生き方を変え、教会が生み出されるに至りました。

K君の姿は、人知れずひっそりと野に咲く花のような気がします。
華々しい舞台で飾られ、人々の目を引くようなことはなくても、与えられた場所で、与えられたいのちを精一杯に咲かせる野の花。誰か見る人、匂いをかぐ人がいるわけではなくても、神の前に花を咲かせる野の花。
その姿は確かに創造主なる神の み栄えを現します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
K君のお母様からの電話 牧師のブログ オアシス日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる